秋季講座8月17日(水)より受付開始 詳しくはこちら

講座3 ユング心理学入門編 ー ユングは何を試みていたのか? 

全2回 11月22日/12月6日

講  師 宮澤 淳滋  (ミヤザワ ジュンジ)
曜日 時間 火曜日 13:00~14:30
定  員 60 名
会  場 相模女子大学
受 講 料 3,000円
締  切 2022/11/8 17:00
持 ち 物 筆記用具

ユングは、フロイトと並ぶ、心理学の黎明期におけるビックネームである。しかしその名前だけはよく知られているものの、その思想はわかりにくく、ともするとオカルトに類するものと捉えられることも多い。本講座では、彼の基本的な考え方を概説し、ユングが彼の心理学を通して何を試みようとしていたのか、見つめ直していく。その上で、現代におけるユング心理学の意義について、議論していきたい。

11/22 初期の理論に

ユングは自分のファンタジーとの対話を通じて、独特の理論を形成し、 フロイトとの出会い、そして決別する。

12/ 6 後期の理論に

錬金術と自分のファンタジーとの類似点をみいだしたことで、ユングの 理論は大きく変容していく。

講師紹介

講 師宮澤 淳滋 (ミヤザワ ジュンジ)
肩 書 相模女子大学 非常勤講師
経 歴 上智大学大学院文学研究科心理学専攻修了、同大学院博士後期課程単位取得退学。主に精神科領域における心理療法を実践し、心を通して開けてくる世界を探究している。著書に『ホロコーストから届く声』(左右社、共著)訳書に『C・G・ユングの夢セミナー:パウリの夢』『近代心理学の歴史』『分析心理学セミナー1925 ユング心理学のはじまり』(いずれもC・G・ユング著、創元社、共訳)などがある。

↓お申込受付中です↓